業界で活用される(売れる)商品を開発するためには、以下の点をクリアすることが重要です。相談センターでは、これらについてのサポートをいたします。

 

 □その新しい商品の「コンセプト」が明確であること

 □その商品の「市場性」が高いこと

 □その商品の「競合」を研究し、それらより優れたものであること

 □その商品について特許出願した場合の「費用対効果」が高いこと

 

また、特許を出願する際の注意点として、以下のようなポイントを確認する必要があります。

 

 □特許出願をする場合、どのような範囲での特許が見込めるか?

 □実用新案登録出願をする場合、なぜ特許ではなく実用新案登録なのか?

 □意匠登録出願をする場合、デザイン全体についてなのか?部分についてなのか?

 □商標登録出願をする場合、どのようなネーミングやロゴが適しているのか?

 

詳しくはこちら→商品開発ページ

開発された以下のようなものに、他の商品にない「特徴」があるという場合、特許を取得するという選択があります。

 

 □商品の構造

 □組成

 □システム

 □使用方法

 

特許権は、他者を排して「権利者」のみが独占的にその発明を効力を得ることができる強い権利です。正当な理由がない場合に、他者が特許発明を実施すると権利を侵害することになります。

 

詳しくはこちら→特許のページ

特にライフサイクルの短い商品の「形状」や「構造」、「組み合わせ」について特徴があるという場合、実用新案登録を受けるという選択があります。特許取得するほどではない発明を保護する際に活用されます。特許を取得するよりも、コストがかからず、短期で登録できるところがメリットです。

 

詳しくはこちら→実用新案登録のページ

開発された商品のデザインに特徴があるという場合、意匠登録を受けるという選択があります。特許や実用新案との違いは、意匠登録は「美的な外観(見た目)」に限定される点です。

 

詳しくはこちら→意匠登録のページ

開発された商品についてブランディングをされたいという場合、ネーミングやロゴマークについて商標登録を受けるという選択があります。商品やシステムだけでなく、例えば、競合の多いデイサービスセンターのネーミングを登録するなど、様々な分野で活用することが可能です。

 

詳しくはこちら→商標登録

大手メーカー様などで、弁理士を社内に抱えている場合には「実証実験」のみのサポートも可能です。弊社の提携する介護事業者様の施設内で、様々な商品(システム、サービス)を実際に使い、インタビューを行って、商品開発までをサポートいたします。

 

詳しくはこちら→開発から実証実験まで